ログイン | 新規登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
FF日記 カレンダー
2005年 9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
FF日記 月別過去ログ
FF日記 検索
FF XI
Game
Book
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazon

2005年9月7日(水曜日)

神威

カテゴリー: - kasshy @ 12時47分36秒

昔の日記から転記。 2004?年の9月12日かな。プロマシア発売前のことです。
参考になるかな?

———- ここから ———-
五戦士魔方陣はロ・メーヴで光るインクと羊皮紙を、満月の晴れた夜(0時〜3時)に
トレードすると取得できるそうです。
トレード場所は良く分かりません(^-^;)

今回のメンバー
ナ2、忍2、狩3、戦1、暗1、獣1、白3、赤3、吟1、黒1
基本は開幕、タルに攻撃。それ以外はマラソンします。
マラソンはヒュム:忍白吟、エル:忍赤、ガルカ:ナ白、ミスラ:獣とそのペット
タル攻撃は狩3、黒戦暗赤白。もう一人のナはタルが終わるまではガルカのマラソンに参加で、タル倒したらミスラ殲滅に参加。

開幕は、狩がタルに影縫い。その他はマラソン担当が挑発で引っ張り、グラビデなどを打ち込む。
ミスラ以外は、通路でマラソン。ただし、ヒュムは通路の一番奥でマラソンせずにガチンコでキープ。
エル、ガルカは結構マラソンが楽みたいです。
ただ、エルは通路でマラソンしないとバニシュガが他のPCの空蝉剥がしちゃうので、必ず通路にもっていくこと。
ただし、ヒュムやってる所までは行かないように。
ミスラは、獣のペットを使って広場の最外周をマラソン。
できるだけタル殲滅組みから離れることが重要です。
あと、ミスラのペットとガルカの子竜はマラソン組みの魔道士が寝かすように。
ミスラのペットがマンドラだと最初にサイレス入れないと危ないので要注意です。
3回戦目に勝った時は虎だったので楽でした。
あと、前後衛共に毒薬は必須です。空蝉使う前衛と後衛はやまびこ薬も必須。
前衛のアタッカー、殲滅組みはオポオポ&昏睡薬、イカロスもあった方がいいです。

私は殲滅組みだったので、突っ込んでできるだけタゲ取るようにしてました。
タルはできるだけ早く殲滅してください。私たちは1分以上かかっちゃいましたが、黒の数が多ければもっと早いと思います。
黒5いると瞬殺できるそうです。バインガやスリプガ&アモンドライブによる石化がめちゃくちゃやばいので、やられる前に殺るのが重要だと思います。
1回戦目はそれですぐ全滅してしまったので。
私たちの場合は、カギはミスラでした。このミスラは回避が高いのとあやつるを使ってくるので結構厳しいです。
そのわりに、殲滅組みにかけられる人数がこの時点では少ないので、アタッカーにタゲが行かないように固定能力の高いナイトは必須かなあと思います。
ナ戦暗でタゲを取り返していけば沈められると思います。
次にミスラのペット。こいつはすぐ終わります。
次はガルカ。ガルカのマラソン組みも殲滅に加われるので明鏡止水さえやり過ごせれば問題ないでしょう。
そのあと、子竜を倒します。
そして、エル。女神の祝福使ってくるので時間は多少かかりますが、殲滅人数が多いので問題ないです。
ただ、ウィズインには注意してください。下手すると即死です。
最後にヒュム。こいつは微塵があるので、後衛はできるだけ離れ、前衛のHPを満タンにしておいてあげてください。

倒す順番は私たちのやったのが定番らしいので、カギはミスラだと思います。
ミスラさえ倒せれば後はよっぽどの事故がない限り勝てると思います。
最速レコードは10分でしたが、私たちは14分でした。

やりかた分かっていても1回目で勝つのは結構厳しいかもしれませんが、挑戦される方の参考になれば幸いです。

追記:今回前衛は全員が空蝉2使えるサポで参加しました。空蝉ないとかなり厳しくなりそうな感じでした。
追記2:ナイトは普通にサポ戦でした。
追記3:このアラは、ほとんどを野良で集めたような感じでしたので、安全確実志向でサポ忍必須のようでした。召喚上げてればサポ召も有効だと思います。
もちろん、他のサポでもメンバー構成を考えれば行けるのはいうまでもないと思います。
———- ここまで ———-


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

20 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress